福島市移住公式note

東京から90分。桃やりんごなど、季節ごとにくだものを楽しめるフルーツ王国。 都会的な暮…

福島市移住公式note

東京から90分。桃やりんごなど、季節ごとにくだものを楽しめるフルーツ王国。 都会的な暮らしも、自然に囲まれた暮らしも、ここでなら背伸びをせずに暮らせそう。 この街で暮らすリアルな情報をお届けします。

記事一覧

冬こそ、おためし移住

移住を検討されている方から、よくお寄せいただくのが「冬の寒さや雪が不安」という声です。 どのくらい寒くて、どの程度の積雪となるのかを実際に確認できれば、安心して…

【福島市のくらし情報】Vol.5 共同浴場の紹介と移住者特典

広いお風呂があって開放感や癒し効果を感じることができる共同浴場。家で入浴するのとは気分を変えて、利用したい時もあると思います。 実は福島市内に銭湯は1つしかあり…

福島市でペットと暮らそう②~避難所などペットサービス編~

知っておくと便利な福島市でのペット情報。前回はペット可の物件探しと動物病院の情報についてお伝えしました。今回はペットに関する災害対策を中心に、ペットホテルやドッ…

福島市民の「ももりん」愛がすごい!

2023年はうさぎ年ですね。うさぎは跳びはねることから「飛躍の象徴」とされており、これまでに芽吹いたものが大きく成長する年と考えられています。 さて、ご存じの方も多…

福島弁ってどんな言葉?福島の方言ガイド

地域の日常の言葉である方言、福島の方言には濁る言葉が多く「がぎぐげご」がよく登場します。抑揚が少なく、疑問形でないのに問いかけるように語尾が上がることが多いのが…

福島市で楽しむアウトドアライフ!

福島市は山や川などの自然に親しめる場所が豊富ですが、どのようにアウトドアを楽しめばよいか分からないという人も多いかもしれません。 そんな人たちや福島への移住希望…

福島市で5年間車なし生活!ご家族2組にお話を聞きました

「ペーパードライバーだから運転したくないな…」 「福島市には2年間だけいる予定なんだけど、車がないと生活できない?」 都心などから福島市に転入を考えている人には車…

【福島の食文化】Vol.4 飯坂温泉発祥の「ラジウム玉子」

福島市の名物といえば飯坂温泉発祥の「ラジウム玉子」は外せません。 飯坂温泉は日本で初めてラジウムが確認された地。全国的には「温泉卵」と呼ばれているものですが、福…

個性豊か!福島市内のおすすめカフェ5選

その土地の素敵なカフェを巡るのは生活の中の楽しみの一つではないでしょうか? 福島市内には個性豊かなカフェが多数あります。今回はその中から市民に人気のあるおすすめ…

10

【福島市のくらし情報】Vol.4 電子図書館もオープン!市立図書館利用法

福島市立図書館は本館をはじめ、西口ライブラリー、子どもライブラリーの2つの分館と、市内16か所の学習センター内の図書室があります。また移動図書館「しのぶ号」が、市…

思いきり体を動かせる遊び場「ぴょんぴょんドーム」をご紹介

移住を考える上で”子育てがしやすい場所”というのは、大きなポイントですよね。制度の充実度はもちろん、子どもの遊び場の充実度も気になるところかと思います。 福島市…

子育てするなら福島市!このまちで子育てする5つのメリット

お子さんがいるご家庭で移住を考える時、移住先の子育て・教育環境は大きな関心事になると思います。福島市には安心して子育てができる環境が整い、様々なサポート体制が充…

11

【福島市のくらし情報】vol.3衣食が充実の八木田周辺のお店紹介

移住先に求めることは人それぞれかと思いますが、どんな場所に住んでも欠かせないのが、衣と食ですよね。 今回は、衣と食が充実している八木田周辺の通りに並ぶお店をご紹…

福島市のゴミ出し事情

家庭ゴミのルールって、各自治体で分類方法や出し方、回収日や時間帯、使用するごみ袋やごみ箱の種類などが異なりますよね! 今回は、福島市のゴミ出し事情をご紹介します…

福島市のシンボル「信夫山」ってどんな山?

街の中心にぽっかり浮かんでいるように見える「信夫山(しのぶやま)」、全国的にも珍しく、初めて見た方は驚かれるかもしれません。 しかし福島市民にとっては身近で当た…

移住先が「プロパンガス」の可能性もあり?都市ガスとの違いって?

移住を具体的に考えたとき、気になるのは、今の生活とどう変わるのか、ということではないでしょうか。特にインフラ部分は気になりますよね。 ということで今日は「ガス」…

10
冬こそ、おためし移住

冬こそ、おためし移住

移住を検討されている方から、よくお寄せいただくのが「冬の寒さや雪が不安」という声です。

どのくらい寒くて、どの程度の積雪となるのかを実際に確認できれば、安心して移住を検討できますね。

福島市では、移住を検討されている方が、福島での暮らしを体験するために民泊やゲストハウスを利用した場合の利用料などを補助しています。

これからの時期は、福島市の冬の暮らしを体験するのに良いタイミングです。寒さのな

もっとみる
【福島市のくらし情報】Vol.5 共同浴場の紹介と移住者特典

【福島市のくらし情報】Vol.5 共同浴場の紹介と移住者特典

広いお風呂があって開放感や癒し効果を感じることができる共同浴場。家で入浴するのとは気分を変えて、利用したい時もあると思います。
実は福島市内に銭湯は1つしかありません。というのも、福島市には高湯・土湯・飯坂の3つの温泉地があり、温泉や共同浴場の文化が根付いているためです。

福島市内の3温泉地には合わせて11もの共同浴場があり、銭湯のように気軽に利用することができます。しかも全て源泉かけ流しの温泉

もっとみる
福島市でペットと暮らそう②~避難所などペットサービス編~

福島市でペットと暮らそう②~避難所などペットサービス編~

知っておくと便利な福島市でのペット情報。前回はペット可の物件探しと動物病院の情報についてお伝えしました。今回はペットに関する災害対策を中心に、ペットホテルやドッグランなど各種ペットサービスについてお伝えしていきます。

ペットと一緒に災害にあったら?ペットの災害への備えは万全でしょうか?福島市公式サイト「ペットの災害対策」には、災害発生時の福島市の対応や日常の備えなどについて詳しく書かれています。

もっとみる
福島市民の「ももりん」愛がすごい!

福島市民の「ももりん」愛がすごい!

2023年はうさぎ年ですね。うさぎは跳びはねることから「飛躍の象徴」とされており、これまでに芽吹いたものが大きく成長する年と考えられています。

さて、ご存じの方も多いと思いますが福島市のご当地キャラは、うさぎの「ももりん」です。例えば福島駅前を歩いてみると、相当数のももりんに出会います。その数たるや…!!
今回は多すぎる街中のももりんを追い求め、福島市内を奔走してみました。最後にライターがたどり

もっとみる
福島弁ってどんな言葉?福島の方言ガイド

福島弁ってどんな言葉?福島の方言ガイド

地域の日常の言葉である方言、福島の方言には濁る言葉が多く「がぎぐげご」がよく登場します。抑揚が少なく、疑問形でないのに問いかけるように語尾が上がることが多いのが特徴で、語尾に「~だっぱい」「~だべした」などのような変化も加わります。
中にはかわいらしい表現もあるので、福島に住んだらぜひ福島弁をマスターしてくださいね。

福島弁いろいろ

まずは代表的な福島の方言を紹介します。
こちらは一般社団法人

もっとみる
福島市で楽しむアウトドアライフ!

福島市で楽しむアウトドアライフ!

福島市は山や川などの自然に親しめる場所が豊富ですが、どのようにアウトドアを楽しめばよいか分からないという人も多いかもしれません。
そんな人たちや福島への移住希望者向けに、県内でアウトドアを楽しむ方に話を聞くイベント「気軽なアウトドアライフのすすめ」が2023年2月にオンラインで開催されました。
今回は、オンラインイベントのゲストのお一人、福島市で登山やトレッキングを楽しむAさんのアウトドアの楽しみ

もっとみる
福島市で5年間車なし生活!ご家族2組にお話を聞きました

福島市で5年間車なし生活!ご家族2組にお話を聞きました

「ペーパードライバーだから運転したくないな…」
「福島市には2年間だけいる予定なんだけど、車がないと生活できない?」

都心などから福島市に転入を考えている人には車問題は気になる話題ですよね。今回の記事では、5年間車なしで過ごしている・過ごしたご家族2組にお話をうかがいました。

「夫婦ともに運転をしたくない」( 夫婦+こども一人のIさんの場合)居住地:福島市内(福島駅から約5km)
車なし期間:

もっとみる
【福島の食文化】Vol.4 飯坂温泉発祥の「ラジウム玉子」

【福島の食文化】Vol.4 飯坂温泉発祥の「ラジウム玉子」

福島市の名物といえば飯坂温泉発祥の「ラジウム玉子」は外せません。
飯坂温泉は日本で初めてラジウムが確認された地。全国的には「温泉卵」と呼ばれているものですが、福島市民は飯坂温泉の源泉で作られた温泉卵を、親しみを込めて「ラジウム(ラヂウム)玉子」と呼んでいます。
令和4年度の文化庁の食文化機構醸成事業「100年フード」にも認定されました。

ラジウム玉子とは?

生卵を飯坂ラジウム温泉約70度の源泉

もっとみる
個性豊か!福島市内のおすすめカフェ5選

個性豊か!福島市内のおすすめカフェ5選

その土地の素敵なカフェを巡るのは生活の中の楽しみの一つではないでしょうか?
福島市内には個性豊かなカフェが多数あります。今回はその中から市民に人気のあるおすすめの5店を紹介します。
(店舗情報は2023年3月の情報を掲載しています)

①珈琲グルメ

福島駅前にある「珈琲グルメ」は1979年創業の老舗喫茶店。長年市民に愛され続ける名店です。自家焙煎コーヒーが楽しめるカフェで、レトロモダンな雰囲気が

もっとみる
【福島市のくらし情報】Vol.4 電子図書館もオープン!市立図書館利用法

【福島市のくらし情報】Vol.4 電子図書館もオープン!市立図書館利用法

福島市立図書館は本館をはじめ、西口ライブラリー、子どもライブラリーの2つの分館と、市内16か所の学習センター内の図書室があります。また移動図書館「しのぶ号」が、市内を巡回しています。
福島市、伊達市、伊達郡内にお住まいか、福島市内に通勤・通学している方であれば、どなたでも無料で貸出を受けることができますので、ぜひご利用ください。

本を借りるときは?

初めて本を借りるには、図書貸出券の発行が必要

もっとみる
思いきり体を動かせる遊び場「ぴょんぴょんドーム」をご紹介

思いきり体を動かせる遊び場「ぴょんぴょんドーム」をご紹介

移住を考える上で”子育てがしやすい場所”というのは、大きなポイントですよね。制度の充実度はもちろん、子どもの遊び場の充実度も気になるところかと思います。

福島市は、子育て世帯に優しい無料で利用できる遊び場が充実しています。

今回はその中でも、丘滑りや大型トランポリンなどがあり、外で思いっきり身体を動かして遊べる「十六沼公園」とその中にある「ぴょんぴょんドーム」についてご紹介します!

一日中遊

もっとみる
子育てするなら福島市!このまちで子育てする5つのメリット

子育てするなら福島市!このまちで子育てする5つのメリット

お子さんがいるご家庭で移住を考える時、移住先の子育て・教育環境は大きな関心事になると思います。福島市には安心して子育てができる環境が整い、様々なサポート体制が充実しています。
今回は福島市で子育てをする5つのメリットについてご紹介します。

1・切れ目のない子育てサポート

「初めての妊娠で不安」「身近に相談できる人がいない」など、妊娠中は不安な気持ちになることもあるでしょう。福島市では妊娠中から

もっとみる
【福島市のくらし情報】vol.3衣食が充実の八木田周辺のお店紹介

【福島市のくらし情報】vol.3衣食が充実の八木田周辺のお店紹介

移住先に求めることは人それぞれかと思いますが、どんな場所に住んでも欠かせないのが、衣と食ですよね。
今回は、衣と食が充実している八木田周辺の通りに並ぶお店をご紹介します。
福島市は広いので移動はどうしても車が便利ですが、ここは徒歩や自転車でもまとめて買い物や用事を済ませることができ、とっても便利ですよ。

八木田から吉倉に続く約1km今回ご紹介する通りは、八木田地区から吉倉地区に続く直線約1kmで

もっとみる
福島市のゴミ出し事情

福島市のゴミ出し事情

家庭ゴミのルールって、各自治体で分類方法や出し方、回収日や時間帯、使用するごみ袋やごみ箱の種類などが異なりますよね!

今回は、福島市のゴミ出し事情をご紹介します。ゴミ捨ての不安やストレスを解消する便利な無料アプリもご紹介していますので、是非ご活用ください。(令和5年3月現在)

便利なごみ分別無料アプリ「さんあ~る」まず最初にご紹介したいのが、福島市が無料で提供しているごみ分別アプリ「さんあ~る

もっとみる
福島市のシンボル「信夫山」ってどんな山?

福島市のシンボル「信夫山」ってどんな山?

街の中心にぽっかり浮かんでいるように見える「信夫山(しのぶやま)」、全国的にも珍しく、初めて見た方は驚かれるかもしれません。
しかし福島市民にとっては身近で当たり前の存在として親しまれている山なのです。
今回は、多くの歴史と自然の魅力にあふれる、福島市のシンボル「信夫山」を紹介します!

信夫山の歴史

信夫山は羽山、羽黒山、熊野山の三山の総称で、古くから山岳信仰の山として人々に大切にされてきまし

もっとみる
移住先が「プロパンガス」の可能性もあり?都市ガスとの違いって?

移住先が「プロパンガス」の可能性もあり?都市ガスとの違いって?

移住を具体的に考えたとき、気になるのは、今の生活とどう変わるのか、ということではないでしょうか。特にインフラ部分は気になりますよね。

ということで今日は「ガス」のお話です。私達が普段家庭で使っているガスには「都市ガス」と「プロパンガス(LPガス)」の2種類があります。福島は圧倒的にプロパンガス家庭が多く、実に県の73%(2019年経済産業省調べ)を占めています。

移住を考える上で、これまで都市

もっとみる